「不器用なヤツ」ほど、売れる。 僕はこうして営業を磨いてきた【不動産営業・住宅営業のコツ】

19歳で天涯孤独になる。力もコネもなく、残されたのは話術のみ。数字のみがモノを言う営業の世界で、最年少会社役員に抜擢。 話術は鋭利な刃物にもなれば、人を感動させる道具にもなる。紙一重の営業の極意を無料で公開。 あなたの3分の隙間時間に読んでみて欲しい。

話し方

売れる営業マンの見た目とは?ギャップで心を掴め!!

売れる営業マンは見た目にこだわる。 昔は良いスーツに身を纏えば、オーラも出てダサい営業マンと区別され重宝された。 だが今どこを見渡しても「ダサい営業マン」を見かけない。 つまり営業マンのお洒落度が上がったのだ。 ではそんな時代にどのように他の…

Top3%のトップセールスマンの最強の行動習慣

【Top3%のトップセールスマンの最強の行動習】 「トップセールスマンになりたい!」と言う人はあまりにも多い。 だが実際になれる人は僅か一握りである。 なぜ一握りしかトップセールスマンになれないのだろうか。 【トップセールスマンの行動習慣が身に付…

【衝撃】着物を着るトップ営業マン!発想が突き抜けている

営業で最も大切なのは、第一印象である。 これは正しいが、多くの人が間違った認識をしている。 いい人だけでは営業は売れない。 この事実をあまりにも多くの人が目を背けてきた事実である。 『相手の印象に残る営業マン』が売れるのだ。 そのことを長年に渡…

社内営業はデキるビジネスマンの必須科目

社内営業ができなくて、社外営業が出来る人はごく少数しかいなかった。 その人間を時間をかけて観察したところ、1年以上売り続けている人は皆無だった。 反対に社内営業が出来ている人は、社外営業も上手くいく人が圧倒的多数だった。 つまり営業マンにとっ…

誰にも教えたくなかった「初対面での営業テクニック」とは?

あなたは第一印象の威力を知っているだろうか。 第一印象がパッとしない場合、100%の確率で商談のスタートは失敗する。 「私は後半強いので大丈夫です」 「私のことを知ってさえ頂ければ、契約まで結べる自信があります」 厳しいことを言うが、そのように豪…

【必見!】伝説のトップ営業マンの極意を盗め!

私の契約率は90%overである。 「最初から自慢かよ」とあなたは思うかも知れないが、私が凄いわけでも天才なわけでもない。 私の上司の真似を徹底的にしただけなのだ。 私の上司はグループ会社の専務である。 20年間どの会社を渡り歩いても、NO1になり続…

仕事がデキる人のシンプルな特徴とは?

仕事がデキる人と出来ない人の差は一体何のか。 同じ人間なのにも関わらず、30歳になると目も当てられないほど差がついてしまう。 「なぜこんなに差がついたのだろう…」 悩んでも後の祭りである。 同窓会に出席する度に自己嫌悪に陥り、次第に同窓会に出席し…

真面目な営業マンほど売れない|報われない人の習慣とは?

真面目な営業マンほど、売れない。 真面目過ぎる故に正確に物事を伝えようとして、失敗してしまう。 「500万円前後ですよ」と言えばいいところを「523万…5千いや6千…」と会話に詰まってしまう。 または売れるまでは、「禁欲生活をします!」と間違った…

自然な笑顔で売上が30%UP!その笑顔の作り方とは?

笑顔の大切さを知っている人は多い。 だが『笑顔の作り方を知っている人は極めて少ない』ことに気付いた。 「目が笑っていない」 「面白くない話に笑えない」 こんな声が多い。 もちろん笑顔の大切さは知っている。 だが笑顔を上手につくることが出来ず、苦…

厳選3つの香水!失敗しないオススメの香水とは?

香水のNGシーンを知っているだろうか。 香水を手首に付けていないだろうか。 香水のつけ直しをしていないだろうか。 ビジネスの現場でこそ、香水はつけるべき。 だがつけ方やつける場所を間違えれば、香水は逆効果を及ぼす。 あなたは間違った香水の選定と、…

リーダーに必要な資質とは、相手の悪いところも受容することだ

リーダーは、感情的になってはいけない。相手の悪いところを受けとめよう。 多くのリーダーが出来ていないことがある。 それは、部下の成長を長い目で見てあげれないことだ。 「今」の実力を測っても、物足りないのは当たり前である。 もし、言うことなし!…

出世しない人は、揚げ足取り名人だ

出世しない人の特徴に、他人の粗を指摘する癖がある。 揚げ足を取った張本人は、その瞬間は気持ちよいと思うが、回りまわって100倍で跳ね返ってくる。 揚げ足を取られた人は、そのことを一生忘れない。 忘れているのは、張本人ただ一人である。 気付かぬ…

失敗に、ビビッていては成長など出来ない

失敗から逃げても、必ず失敗する。それならば、勇気を持って一歩踏み出そう。 手っ取り早く、成長するには「とにかく失敗する」しかない。 第一線で働いているプロも、そこからプロがスタートし始めたのである。 そもそも痛い思いをしなければ、学ぶことなど…

「この人は何度言ったら分かるんだ!」と、思うあなたへ

断言するが、数回注意したくらいで、人など変わらないのである。 「何回、言ったら分かるんだろう」と、よく耳にするが、何回言っても分からないのが、人である。 あなたは、一回言われただけで、全身にイナズマが走るくらいの衝撃を覚え、学習していくかも…

成長の一番の近道は、社内で一番出来る人の真似をすること

【自己流は土台となる基礎が出来てから】 【人に聞く+α】 【失敗を恐れず、果敢に挑戦しよう】 【自己流は土台となる基礎が出来てから】 出世や成長の一番の近道は、社内で一番出来る人の真似をすること。 これが一番の近道である。 もし、「人の真似をしな…

当たり前のことだが、相手の態度は「そのままあなたの態度」である。

【余計なヒトコト】 【あなたの表情に出ている】 【お客様の癖が強烈でも、逃げない】 【癖のあるお客様から、逃げないことによる恩恵】 【余計なヒトコト】 同じ業務をさせても、クレーム客が多く当たる人と、当たらない人がいる。 実は、クレーム客が多く…

仕事においても「言われなくなったら、本当の終わり」である。

言われないことの本当の意味 言われない危機感は仕事でも同じ 細かく言われるのは、あなたに成長して欲しいから 仕事から逃げてはいけない 言われないことの本当の意味 何でもそうだが、言われなくなったら終わりである。 どういう意味かと言うと、「もう、…

成長するOutputのコツ~Inputのみは、ただの趣味である。

INPUTの直後に、OUTPUTしよう 目的と手段を履き違えない 正しい努力とあなたの土俵 INPUTの直後に、OUTPUTしよう インプットしたあとに、すぐアウトプットをするべきである。 多くの人がインプットを目的として、満足して終わってしま…

3日坊主でも良いから、まずやってみる。

【やめても良いから、行動する】 【仕事の場合も3日坊主で良い】 【最後に】 【やめても良いから、行動する】 プライベートで初めてのことにトライする場合、最初の一歩を踏み出すことが出来ない。 なぜならば、「もし手をつけてしまったら、最後まで継続し…

【言葉の罠】安いだけで、話を進めてはいけない。

【本来の目的を忘れてはいけない】 【言葉の罠】 【追伸】 【本来の目的を忘れてはいけない】 安いだけで話を進めても、良いことなど一つもない。 目的は何か、誰が対象なのか、どれくらい効果があるのか、を見極めてから話を進めるべきである。 雑誌の広告…

3流の人と群れても、一向にあなたが成長することはない。

juutakueigyou.hatenablog.com 【同じレベルの人としか、一緒に居ることは出来ない】 【現状から抜け出すには】 【会う頻度とあなたの価値は、見事に反比例する】 【同じレベルの人としか、一緒に居ることは出来ない】 周囲を見渡して欲しい。 食事を摂って…

どんなに好成績でも、酒癖が悪いだけで「台無し」である。

juutakueigyou.hatenablog.com 【お酒に飲まれてはいけない】 飲みにケーションは断ろう 飲み会ではなく、ランチにしよう 【お酒に飲まれてはいけない】 どんなに良い成績を収めていても、酒癖が悪いだけで帳消しになる。 酒癖というのは気を付けて直るもの…

説明すればするほど売れない『営業トーク』

一生懸命説明するのに売れない理由 目次 一生懸命説明するのに売れない理由 順番が逆 まずは、想像をさせるべきなのだ。 想像させる話をする前にすること 何を求めて来場したのか、を知る方法 最後のツメ 最後に 順番が逆 【説明➡️想像】 ではなく、 【想像➡…

営業力アップに欠かせない、日々の観察力【営業の話し方】

営業力は、観察力を養うこと 目次 営業力は、観察力を養うこと 無意識な発言に注意 変化を観察する 表情から動作に目を向ける 人間観察で養う 女性の観察力 クレームは女性が多い 最後に 説明をする際に重複して、同じ内容を話す場合がある。 その際に「(溜…

営業マンは日本語を味方にする【営業の話し方】

営業マンは、日本語を味方にする 目次 営業マンは、日本語を味方にする 1文字だけで印象が異なる 絶望的な言い回し方 日本語は、とても難しい。 発するタイミング 即答力 最後に 1文字だけで印象が異なる たった一文字でも印象が、180度変わる。 ・あなた…

【営業のコツ】的を得た話し方でお客様に答える

話が的を得ているのか? 目次 話が的を得ているのか? 質問されたことに答える ビジネスの場合 簡単に「自分が的を得た話をしているか」を調べる方法がある。 それは、電話中の話を誰かに聞いてもらうことである。 ただ聞いてもらうだけでは、意味がない。 …

『何を話すか』ではない『誰が話すか』~トップ営業マンの話し方

営業トークの神髄は『何を話すか』ではなく『誰が話すか』 目次 営業トークの神髄は『何を話すか』ではなく『誰が話すか』 トップ営業マンはハラスメントにならない コミュニケーションが重要 簡単なコツ 最後に トップ営業マンはハラスメントにならない 大…

この世に『ありがとう』以上に素晴らしい言葉はない

『すみません』よりも『ありがとう』を選ぼう 目次 『すみません』よりも『ありがとう』を選ぼう 日本語は難しい 口癖は人生を創る 最後に 日本語は難しい 人に何かしてもらった際に「すみません」ということはないだろうか。 日本語は海外でも難しいと言わ…

知らないと損をする【魔法の言葉】〜これだけで距離が縮まるトップセールスマンの声掛け

名前を呼ぶだけで距離は近くなる 仕事以外で、人の名前を呼ぶ機会は少ない。 自分から意識しない限り、滅多に呼ばないだろう。 コンビニやカフェの店員さんを名前で呼ぶ人は、少ない。 毎日、同じコンビニを使い、お昼は決まった定食屋で済ます事が多いのに…

年上に好かれるスゴイ話し方〜トップ営業マンは、その言葉を知っている

売れる営業マンのスゴイ話し方のコツ 年上に気に入られるスゴイ質問 僕は年上にとても好かれる。 それもそのはずだ。 僕が凄い訳ではなく、凄い質問を知っているからだ。 少し仲が深まった段階で、僕はいつもこう質問している。 「○○さんの40代は、どのよ…