「不器用なヤツ」ほど、売れる。 僕はこうして営業を磨いてきた【不動産営業・住宅営業のコツ】

19歳で天涯孤独になる。力もコネもなく、残されたのは話術のみ。数字のみがモノを言う営業の世界で、最年少会社役員に抜擢。 話術は鋭利な刃物にもなれば、人を感動させる道具にもなる。紙一重の営業の極意を無料で公開。 あなたの3分の隙間時間に読んでみて欲しい。

当たり前のことだが、相手の態度は「そのままあなたの態度」である。

f:id:hideyoshi0404:20190802195828j:plain

 

 

【余計なヒトコト】


同じ業務をさせても、クレーム客が多く当たる人と、当たらない人がいる。

実は、クレーム客が多く当たる・当たらない、の確率論ではないのだ。

単純に、あなたの実力不足なだけである。

これに例外はない。

恨みがないのに、お客様はあなたを懲らしめたりしない。

懲らしめたくなる「なにか」があることに、あなたが気付いていないだけである。

その「なにか」とは、言い方の問題であることが多い。

「何回も言いますが、、、、」
「先ほども説明しましたが、、、、」
「言っていいか分からないですが、、、、」

どれも一言が多い。

お客様はあなたが発する言葉の端々に「カチンッ!、カチンッ!」と、きているのだ。

そして我慢し続けた挙句に、期日が間に合わなかったり、有言実行されなかった場合に爆発するのである。

一旦、爆発してしまった後は、貯めに貯めた怒りが、マーライオンのように次々出てくる。

出尽くした後は、その担当者と金輪際関わりたくない為、急に口数が減り、丁寧な対応になるのである。

ここで、勘違いして欲しくないのだが、丁寧になるのは、許してもらったわけでも、スッキリして冷静になったわけでもない。

無関心の赤の他人となったのだ。

もう関わらなくて「ラッキー」ではなく、真摯に受け止めなければならない。


【あなたの表情に出ている】


相手が気持ちよくなるように対応すると、お客様からのクレームが少なくなる。

当たり前である。

ただ、クレームを少なくするには、まずあなたが態度に出さないようにしないといけない。

「このお客様、細かいなぁ」や、「何度言ったら分かるんだろう」と思っているから、言葉に出てしまう。

出てしまったら最後である。

例え、言葉に出なかったとしても、あなたの細部に必ず表れてしまう。

お客様はそんな甘くはない。

コンマ0.1秒で相手に伝わり、ジ・エンドである。

表情とは不思議なもので、相当訓練しないと顔の表情に出てしまうものである。

ニュースを見てても、ほとんどの人が表情や動作に表れてしまっている。

鼻を触る。
腕を組む。
耳を触る。
顎に触れる。
目が左右に動く。

あなたが思っているより態度に出ていることに、気付くことから始めよう。

 

【お客様の癖が強烈でも、逃げない】

 

お客様を怒らせる原理だが、まずあなたが「カチンッ!」と、きたはずだ。

理由はどうあれ、まず最初に相手があなたの勘に触ったのではないだろうか。

そうでなければ、わざわざあなたが相手にイラッとさせる行動を取るはずがない。

そんな事は僕も承知している。

ただ、仕事を請け負った時点で、プロとして振舞って欲しい、と言っているだけなのだ。

例え、相手が多少の理不尽を言ってきても、上手く躱せるくらいの力量をつけて欲しいのである。

そうでなければ、この世の中は「あなたの好き・嫌い」だらけのお客様になってしまう。

お客様に、「あなたの好き・嫌い」など、関係ない。

少しズル賢いくらいのお客様を、あなたは上手く扱わなければならないのだ。

それが、プロである。

グッと、堪えなければいけない時もある。

痛い程、気持ちは分かるが「あなたの成長」には必要なことである。

筋トレも同じだが、筋肉痛は痛い。

ただ、次第に同じ負荷ならば、筋肉痛すらならないはずだ。

大丈夫、心が痛くても次第に「なんだ!それくらいのこと!」と思える日がくる。


【癖のあるお客様から、逃げないことによる恩恵】


「なんだ!それくらいのこと!」と思えるには、条件がある。

それは、「そのお客様から逃げなかった人」のみが、そのように思える日がくるのだ。

まずは、逃げずに笑顔で対応しよう。

たったそれだけで、大きく変わるはずである。

なぜならば、癖のあるお客様は「あなた以外にも同じ対応」をしているからだ。

他のスタッフが苦手意識を持って接した中で、あなただけが笑顔で良い接客をしたとしよう。

競争率1.0倍で、あなたに執着してくるはずだ。

この事実を知ってから、癖のあるお客様が大得意になったのである。

ちなみに、一旦信用を勝ち取ると、クレーム感が「どこにいったのかな?」と思うこともあるほどだ。

なぜならば、どこにも相手をしてくれないお客様こそ、あなたの信者になってくれるからである。

あなたの態度次第で、信者にもクレーマーにも変わるということだ。


追伸
中には、本当のクレーマーも存在する。
特徴は、「とにかく急かしてくる」ことが共通点である。

それも業界の常識を知っていて、無理難題を押し付けてくることが特徴である。

こういうお客様は、勇気を持って「即お断り」するべきである。

業界の事を異様に詳しかったり、急務な依頼は、疑おう。

あなたの身を守るために。

 

 

juutakueigyou.hatenablog.com

 

 

juutakueigyou.hatenablog.com

 

 

juutakueigyou.hatenablog.com