「不器用なヤツ」ほど、売れる。 僕はこうして営業を磨いてきた【不動産営業・住宅営業のコツ】

19歳で天涯孤独になる。力もコネもなく、残されたのは話術のみ。数字のみがモノを言う営業の世界で、最年少会社役員に抜擢。 話術は鋭利な刃物にもなれば、人を感動させる道具にもなる。紙一重の営業の極意を無料で公開。 あなたの3分の隙間時間に読んでみて欲しい。

1つ30秒で読める大人の教科書。

f:id:hideyoshi0404:20190912091517j:image

 

 

https://note.mu/hideyoshi0404/m/m6c1c28f16f8a

 

 


現在、面白いものを作るために〝じっくり時間をかけて〟作成しているものがあります。

 

 


その先駆けとして、サクッと読めるモノを作りました。

 


今後、ここに〝30秒教科書〟をどんどん入れていきます。

 

 


もちろん無料ですので、お気軽にご覧ください。

 

 

追伸

 

Twitterもサクッと読めます。

 

https://twitter.com/@hideyoshijutaku

 

 

収益化せずに売上を作ったブログの書き方とは。

f:id:hideyoshi0404:20190901015005j:image

 

文章を書く目的とは。
誰を相手に文章を書くべきなのか。


そして、収益化する為の文章を書くにはどうすれば良いか。

 


突然ですが、ここに最後のメッセージとして残しておきます。

 

 


https://note.mu/hideyoshi0404/n/n0c280010f901

 

 

はてなブログの連続更新は最後になります。

 

今後は不定期に更新していきます。


定期的なブログは、noteブログで今後綴っていきます。

 

その理由は前回の更新に詳しく記載させて頂きました。 

 

3つのブログを辞めて、1つに絞った理由を本音で書きました。

 

今後はてなブログでは、濃い内容を不定期であなたに届けていきます。 

 

楽しみにお待ちください。

 


追伸

 


noteブログの1週間PV数は2万PVです。


noteの面白い特徴としては、フォロワー数とPV数は比例しない点です。


はてなブログで成果が出ないあなたもこのフィールドだと勝てる可能性があります。


実際に僕は、50日間で収益化に成功しています。


ブログの世界はとても面白いです。


ぜひ、収益化出来た理由を書いたので見てみてください。

 


https://note.mu/hideyoshi0404/n/n0c280010f901

 

 

また「いいね」をnoteでも頂けると、嬉しいです。


また近いうちに面白い事をします。


そちらも確実に収益化することが出来そうです。


またご報告致します。

 

 


秀吉

 

3つのブログを辞めてnoteブログ一本に絞る理由とは。

f:id:hideyoshi0404:20190901022748j:image

 

 

アメブロはてなブログ、noteブログを書き続けてきましたが、noteブログ一本にすることにしました。

 

個人的な感想ですが、アメブロは自己肯定感を満たすには最適ですが、収益化の面ではやはり厳しいと感じました。

 

また、はてなブログは僕のコンテンツでは収益化の仕組みを作る事が出来なかった。

ただ単に実力不足だが、はてなプロにするところまでのイメージを持たなかった。

 

noteブログは、はてなブログと同じような内容の記事を書くと反応がとても良かったです。

noteブログを始めて50日で投げ銭というシステムで売上を挙げました。

 

そして、1週間でPV数が2万PVと他のブログPV数とは桁が違います。

 

同じスキルで同じような文章でも、「居る土俵」によって、成果は180度違います。

 

あなたに合う土俵は必ずあります。

 

ただ合う土俵を見つけるのには、複数の媒体で2ヶ月は頑張る必要があります。

 

その結果、僕はnoteブログ。

 

だったというお話です。

人それぞれ輝ける土俵は違うと思います。

 

ですので、僕はブログに関しては、note1本で行こう決意しました。

 

そういう理由もありまして、はてなブログで更新するのは、今後は不定期に更新させて頂こうと思っています。

 

不定期で更新する代わりに、内容の濃い圧縮した「報告」をはてなブログでお届け出来ればと思っています。

 

 

具体的には、ブログの収益化する方法。

売上を上げる為のライティング技術とは。

ブログに留まらず、収益化する仕組みとは。

 

こちらを配信出来ればと思っています。

 

これからもどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

追伸

 

有益な情報をあなたに届けるために、修行して参ります。

 

9月よりブログ収益化のコンサルティングとライティング講座が始まります。

 

本気で収益化を狙いにいきます。

 

収益に拘っていなかった僕が、なぜ収益化に目覚めたか。

 

それは、「コンサルの人に収益化しないと反対に読んでいる人に失礼だ」と、言われ火がつきました。

 

なぜならば、人は対価を払ってこそ、しっかり学ぶものだ、と。

 

秀吉さんのブログを見て、「良本と同じ価値がある」と、フォロワーさんが言ってくれて、本代金として、お金を振り込んでくれた。

 

お金を頂いたのならば、それはプロです。と、ハッキリ言われたのが衝撃的でした。

 

このストーリーのキッカケになったブログを載せておきます。

 

https://note.mu/hideyoshi0404/n/nfd66ed87a8c3

 

このブログを書いた後に、コンサルの人のお話を受けて、スイッチが入りました。

 

お金を頂いた瞬間からプロ意識が生まれました。

 

より一層、本気で取り組みます。

 

そして次は、あなたの番です。

 

輝けそうな土俵で、精一杯励んでみてください。

 

その結果、どうなったのかを教えて頂けると嬉しいです。

 

僕もこの場を借りて、ご報告致します。

 

楽しみにしています。

 

追伸の追伸

 

あと数ヶ月は、無料で公開し続けます。

少しでもあなたの力になると、嬉しいです。

 

 

秀吉

 

才能の見つけ方とは、あらゆる分野のフタを開くことである。

あなたの好きな分野が、必ずしも得意分野であるとは限らない。

f:id:hideyoshi0404:20190814205116j:plain


もちろん「好きな分野」と「得意な分野」が一致している方が良いに決まっている。

もし一致していて成功しているのならば、そもそもこの文章を読む必要などない。

ただ、あなたが好きな分野を仕事にしていながら、成績が上がらないとしたら、それはただの趣味の延長線上である。

趣味のまま毎日を過ごすと、才能に気付かず人生の幕を下ろすことになる。

非常に勿体ない。

せっかく天から与えられた才能に出逢えず、人生を終えてはいけない。

 


才能の出逢い方


才能の出逢い方は、至ってシンプルである。

とにかく好き嫌い問わず、あらゆる分野に挑戦することである。

「え、それだけ?」と思うかも知れないが、それしかないのだ。

大人になると、多くの人が挑戦しなくなる。

小さい頃はあんなに挑戦して、失敗して、また挑戦して、、、と、繰り返していたのに、大人になるとパッタリと行動しない人が多い。

プライドや社会の常識に囚われて、変に丸くなってゆく。

そんな消極的な事なかれ主義では、厳しい競争にも生き残れないし、才能に出逢うことなど不可能である。

とにかくあらゆる分野に挑戦し、場数を踏んで欲しい。

もしかすると、幾多の辛苦をなめることになるかも知れない。

ただ、一度きりの人生だ。

どうせなら、挑戦して、挑戦して、最期にやり残しがないように人生を全うしよう。

その先に必ず、あなたの才能が浮き彫りになるから。

 

 

なぜ挑戦すると、才能に出逢えるのか


才能とは、他人があなたに対して「才能がある!」と思うことであって、あなた自身が思うことではないのである。

つまり、「他人の目から見ないと才能は分かりにくい」ということだ。

あなたがいくら「この分野では才能がある!」と豪語しても、周囲がそう思っていなければ、評価すらされない。

才能を評価するのは、いつもあなたではなく、あなたを囲んでいる人達だということを忘れてはならない。

だからこそ、あらゆる分野に挑戦して、周りが「10」頑張ったところを、あなたが「1」の努力で出来たことが才能である。

「あなたが呼吸するくらい簡単に出来ていることが、他の人には出来ない」

ここに、ヒントが隠されている。

 

 

PS 僕の才能


僕は元々、会社の経理職を目指していた。

経理の資格も取得し、大手企業からも声が掛かっていた。

だが、卒業間際に面白い行事があることを知った。

それは学校内に誰もが知る大手企業を呼んで、プレゼン大会をする行事だった。

内容は、その企業に向けて売上を挙げる仕組みをプレゼンするというもの。

5人1チーム、20組出場。
優勝チームは、全国大会に出場出来るというもの。

僕のチームは内気な人が多く、プレゼンテーターには推薦で僕が抜擢された。

話すことは不得意ではなかったが、頑張って企業の人達の前でプレゼンを披露した。

その結果、絶句された。

その絶句を僕は、「あ~、失敗しちゃった」と、内心思いながら話していた。

ただ、話し終えると、どの組よりも拍手が多く、優勝してしまった。

その後、全国大会に出場し、プレゼン賞を受賞。

先生も経理ではなく、「営業が向いているのではないか?」と急遽、猛烈なプッシュにより、営業職に就職した。

その結果、今がある。

自分の才能とは、自分が好きな分野ではないことが多いということ。

身を持って知ることが出来た。

あなたも、与えられた機会をスルーせず、挑戦してみることだ。

人生で一番若いのは、今、この瞬間である。

挑戦しよう!

 

 

juutakueigyou.hatenablog.com

 

 

空気の読み方とは、相手が思っていることを優先すること

f:id:hideyoshi0404:20190806194257j:plain

 

 

空気が読めない人は、常に自分スタンダードだ。


空気が読めない人の多くは、常に自分事としてモノゴトを捉える癖がある。

プライベートだと、
「何食べたいですか?」
「なんでも良いです」
「ラーメンどうですか?」
「ラーメンは昨日食べたので、ちょっと、、、」

ビジネスだと、「今週だと予定つきます」と言い放ったにも関わらず、「その日は予定が入っていて、、、」となる。

1対1ならば、気にならない場合があるかも知れないが、人数が多ければ多いほど、違和感は増していく。

空気が読めないと断定される状況とは、常に複数人居る場合に起こる現象である。

3日前も実際にあったが、明らかに上司と部下の構成の2人に対して、「お友達ですか?」と尋ねる勇者がいたが、その人は固定観念が強すぎて、客観視出来ていない為に起こった発言だと思う。

一瞬で空気が変わるのを肌で感じたが、当の本人は気付いていない。

気付いていないから、空気が読めないのである。

空気の読むには、一つのコツがある。

「全てにおいて、あなたの意見を混ぜない事」に尽きる。

空気を壊すのは、たいてい「あなたが」感じたことであって、客観的なことではないことが多い。

例えば友人と集まった時に、旅行の話になったとしよう。

「やっぱり旅行は、バリが良いよねぇ~」

「うん、うん、バリも良いよね!」という会話の流れの中に、「でも、バリは少し郊外でると、とっても汚いよ。」と、空気を裂くツワモノがいる。

会話の流れは、「今」バリが良いという流れになっていたのに、あなたがバリは汚いというマイナスなことを発言するべきか、どうか、が分かっていないのだ。

おそらく、「あなた自身が行った時の感想を伝えなきゃ」と思ったのかも知れない。

ただ、まずは「あなたの思い」と「周囲の思い」は違うことに気付かなければならない。

集団でいる時も「周囲の思い」に合わせて、会話を進めるべきである。

もしかすると、素直なあなたは、相手が旅行した時にガッカリしては可哀想と思ったのかも知れない。

ただその発言は、周囲がバリのマイナスな点を話し始めた時に炸裂するのであって、プラスの話の時に切り裂くものではない。

周囲の温度とあなたの温度を合わせることが大切である。

真実ばかりを語ってはいけない。

話すときは一呼吸置いて、話してみよう。


追伸

僕も当時は空気が読めないと言われ続けてきた。

 

juutakueigyou.hatenablog.com

 

時間管理が不得意なあなたへ。あなたが思うほど、時間は残されていない。

時間管理とは、
約束を死守すること。

 

f:id:hideyoshi0404:20190814204511j:plain

 

時間管理は、人生において最も重要なことの1つである。

人生は思ったより長いようで、短い。

あと、どれくらい親と過ごせる時間があるのだろうか。

親のいる故郷から離れて生活している場合は、「あと親に何回会えるだろうか」と、考えたことはあるだろうか。

そう考えると、時間は有限であることが分かる。

つまり、地球上にいる全ての人が、自分の残された時間を毎日消費しているということだ。

それに気付いたあなたは、目の前にいる人との時間を有意義に過ごさなければならないことは分かるはずだ。

ましてや、約束の時間に遅れることなど、断じて許されないことも分かる。

遅刻は、相手の命を無意味に削っているようなものなのだから。

時間厳守で生きていこう。


仕事の成績を挙げるのも
時間管理。

 

仕事においても、時間管理は欠かせない。

例えば、会社の年間の目標があるとする。

1年間の目標を3年間に伸ばして、達成するのは簡単だ。

だが、掲げた1年間で目標達成するには、時間管理が不可欠である。

どの会社も行っていると思うが、1年間を4つに分け、四半期毎に目標を立てる。

その次は、1ヵ月単位で目標を立て、達成の為、週ごとにすべきことを洗い出していく。

組織でも、個人でも、全く同じことをしなければならない。

しっかりと個人でも目標設定を落とし込んで、毎日を過ごさなければ、達成など出来るはずもない。

毎日、目の前のことに忙殺され、淡々と1日、1日が過ぎていく。

それを、運任せという。

目標達成するには、週単位はもちろん1日の午前・午後までデザインしなければならない。

ここで満足してはいけない。

予定をデザインした上で、必ず約束の時間を守ることである。

相手の時間を奪うことになる認識があれば、遅れることなどない。

緻密な予定を組んだ上で、約束を守ろう。

 


PS

 

人生はあなたが思うほど、そう長くはない。

意外にも時間を軽視している人が多い。

僕は親を早くに失くしている為、時間の大切さは身に沁みている。

当時は、「そんなに生き急いで、どうするの!?」と、周囲に言われていた。

なぜならば、全てを前倒しで予定を組み、遅刻なく淡々とこなしていた。

また、お客様のご自宅へ訪問する際は、予定の30分前には到着し、時刻ピッタリに訪問していた。

その30分間の待ち時間を使って、「緊急ではないが、重要なこと」をこなすようになった。

すると、時間に追われている感覚から、時間を支配している感覚へと変わったのだ。

時間を上手に使える人は、人生も豊かになる、と思っている。

隙間時間を切り貼りして、時間をコントロールする癖をつけよう。

 

 

juutakueigyou.hatenablog.com

 

 

どうしても上手くいかない理由は、覚悟が足りないからだ

f:id:hideyoshi0404:20190812184457j:plain

 

結果が出ない原因は覚悟があるか、どうかである。

 

自分より命を削って仕事をしている人をみると、仕事に覚悟を持っているな、と思う。

相手が失敗して、こちらが強く指摘したとしても、逃げずに解決に向かう姿勢をみると、仕事に覚悟を持っているな、と思う。

予想を裏切る結末になっても、どっしり構えていられたら、凄まじい覚悟だな、と感心する。

つまり、覚悟とは「逃げ出さない勇気を持っている」ということである。

ほとんどの人が怖気づいて、逃げ出してしまう。

少し上手くいかなかったり、少し辱めを受けたりしたくらいで、「僕には才能がない」と、羊のようにメェメェと鳴き声をあげ、逃げてしまう。

心から、言いたい。

それほど命を懸けて取り組んだのか、と。

覚悟とは、ある意味悟りの境地である。

「そこまでやる必要がある?」と言われるくらい信念を持って貫いてこそ、覚悟は周囲に伝播していく。

そこに人は、魅了され、圧倒される。

何があっても、逃げ出さない覚悟が必要なのである。


社内営業が上手でない人は、社内で認められていないケースが多い。

 

自分に対して、社内の空気が悪いと感じたことはないだろうか。


僕は何度か肌で感じたことはある。

その原因は、周囲とあなたの仕事に対する覚悟の違いに、温度差があった場合だ。

プロの人達は、プロになる覚悟がない人がいると、猛烈に違和感を感じてしまう。

特に中小企業の少数精鋭で売上を作っている集団の中にいると、より顕著にポツリと取り残されてしまう。

スポーツで例えると、フルマラソンで「よーい、どん!」の始まりの合図からトップ集団と、そうではない集団に分かれる。

実力不足なあなたは、あっという間にトップ集団から離され、姿すら捉えることが出来なくなってしまう。

二度と返り咲くことは出来ない。

もちろん、トップ集団に入れる実力があった上の戦略ならば、その限りではない。

そのトップ集団に入るためには、相当な練習と相当な覚悟が必要である。

覚悟がなければ、過酷な練習などこなせるはずもない。

過酷な練習を継続するには、本気で掴み取りたい目標を定めるほかない。

仕事も全く同じである。

まだまだあなたが未熟なうちは、寝ても覚めても「目標のことで頭がいっぱいな状態」になることがベストである。

その状態になって、ようやく「あなたの覚悟が周囲に伝わる」のだ。

話す言葉、行動、結果、どれをとっても目に見えて変わっていく。

社内でさえ認めてもらえていないあなたが、「社外のお客様だけに認めてもらえる」ことはない。

まずは、どんなに未熟でも実力不足でも、覚悟があれば普段接しているスタッフはあなたの異変にすぐに気付くだろう。

その為にも、あなたは明確な目標を定め、愚直に実力を磨くべきである。

あなたが弱音を吐いている間に、プロの人達は黙々と仕事に取り組んでいる。

人生は長いようで、短い。

1秒、1秒、大切に使おう。


追伸

人生、あっという間に終えていく。

本気で生きなければ、勿体ない。

せっかく命を授かったのだから、真剣に生きよう。

大切な人を亡くしている経験が誰よりも多い僕が言うのだから間違いない。

 

 

juutakueigyou.hatenablog.com