「不器用なヤツ」ほど、売れる。 僕はこうして営業を磨いてきた【不動産営業・住宅営業のコツ】

19歳で天涯孤独になる。力もコネもなく、残されたのは話術のみ。数字のみがモノを言う営業の世界で、最年少会社役員に抜擢。 話術は鋭利な刃物にもなれば、人を感動させる道具にもなる。紙一重の営業の極意を無料で公開。 あなたの3分の隙間時間に読んでみて欲しい。

営業マン

3つのブログを辞めてnoteブログ一本に絞る理由とは。

アメブロ、はてなブログ、noteブログを書き続けてきましたが、noteブログ一本にすることにしました。 個人的な感想ですが、アメブロは自己肯定感を満たすには最適ですが、収益化の面ではやはり厳しいと感じました。 また、はてなブログは僕のコンテンツでは…

才能の見つけ方とは、あらゆる分野のフタを開くことである。

あなたの好きな分野が、必ずしも得意分野であるとは限らない。 もちろん「好きな分野」と「得意な分野」が一致している方が良いに決まっている。 もし一致していて成功しているのならば、そもそもこの文章を読む必要などない。 ただ、あなたが好きな分野を仕…

空気の読み方とは、相手が思っていることを優先すること

空気が読めない人は、常に自分スタンダードだ。 空気が読めない人の多くは、常に自分事としてモノゴトを捉える癖がある。 プライベートだと、「何食べたいですか?」「なんでも良いです」「ラーメンどうですか?」「ラーメンは昨日食べたので、ちょっと、、…

リーダーに必要な資質とは、相手の悪いところも受容することだ

リーダーは、感情的になってはいけない。相手の悪いところを受けとめよう。 多くのリーダーが出来ていないことがある。 それは、部下の成長を長い目で見てあげれないことだ。 「今」の実力を測っても、物足りないのは当たり前である。 もし、言うことなし!…

空気の読み方とは、相手が思っていることを優先すること

空気が読めない人は、常に自分スタンダードだ。 空気が読めない人の多くは、常に自分事としてモノゴトを捉える癖がある。 プライベートだと、「何食べたいですか?」「なんでも良いです」「ラーメンどうですか?」「ラーメンは昨日食べたので、ちょっと、、…

出世しない人は、揚げ足取り名人だ

出世しない人の特徴に、他人の粗を指摘する癖がある。 揚げ足を取った張本人は、その瞬間は気持ちよいと思うが、回りまわって100倍で跳ね返ってくる。 揚げ足を取られた人は、そのことを一生忘れない。 忘れているのは、張本人ただ一人である。 気付かぬ…

失敗に、ビビッていては成長など出来ない

失敗から逃げても、必ず失敗する。それならば、勇気を持って一歩踏み出そう。 手っ取り早く、成長するには「とにかく失敗する」しかない。 第一線で働いているプロも、そこからプロがスタートし始めたのである。 そもそも痛い思いをしなければ、学ぶことなど…

「この人は何度言ったら分かるんだ!」と、思うあなたへ

断言するが、数回注意したくらいで、人など変わらないのである。 「何回、言ったら分かるんだろう」と、よく耳にするが、何回言っても分からないのが、人である。 あなたは、一回言われただけで、全身にイナズマが走るくらいの衝撃を覚え、学習していくかも…

成長するOutputのコツ~Inputのみは、ただの趣味である。

INPUTの直後に、OUTPUTしよう 目的と手段を履き違えない 正しい努力とあなたの土俵 INPUTの直後に、OUTPUTしよう インプットしたあとに、すぐアウトプットをするべきである。 多くの人がインプットを目的として、満足して終わってしま…