「不器用なヤツ」ほど、売れる。 僕はこうして営業を磨いてきた【不動産営業・住宅営業のコツ】

19歳で天涯孤独になる。力もコネもなく、残されたのは話術のみ。数字のみがモノを言う営業の世界で、最年少会社役員に抜擢。 話術は鋭利な刃物にもなれば、人を感動させる道具にもなる。紙一重の営業の極意を無料で公開。 あなたの3分の隙間時間に読んでみて欲しい。

営業

売れる営業マンの見た目とは?ギャップで心を掴め!!

売れる営業マンは見た目にこだわる。 昔は良いスーツに身を纏えば、オーラも出てダサい営業マンと区別され重宝された。 だが今どこを見渡しても「ダサい営業マン」を見かけない。 つまり営業マンのお洒落度が上がったのだ。 ではそんな時代にどのように他の…

Top3%のトップセールスマンの最強の行動習慣

【Top3%のトップセールスマンの最強の行動習】 「トップセールスマンになりたい!」と言う人はあまりにも多い。 だが実際になれる人は僅か一握りである。 なぜ一握りしかトップセールスマンになれないのだろうか。 【トップセールスマンの行動習慣が身に付…

【衝撃】着物を着るトップ営業マン!発想が突き抜けている

営業で最も大切なのは、第一印象である。 これは正しいが、多くの人が間違った認識をしている。 いい人だけでは営業は売れない。 この事実をあまりにも多くの人が目を背けてきた事実である。 『相手の印象に残る営業マン』が売れるのだ。 そのことを長年に渡…

社内営業はデキるビジネスマンの必須科目

社内営業ができなくて、社外営業が出来る人はごく少数しかいなかった。 その人間を時間をかけて観察したところ、1年以上売り続けている人は皆無だった。 反対に社内営業が出来ている人は、社外営業も上手くいく人が圧倒的多数だった。 つまり営業マンにとっ…

誰にも教えたくなかった「初対面での営業テクニック」とは?

あなたは第一印象の威力を知っているだろうか。 第一印象がパッとしない場合、100%の確率で商談のスタートは失敗する。 「私は後半強いので大丈夫です」 「私のことを知ってさえ頂ければ、契約まで結べる自信があります」 厳しいことを言うが、そのように豪…

【必見!】伝説のトップ営業マンの極意を盗め!

私の契約率は90%overである。 「最初から自慢かよ」とあなたは思うかも知れないが、私が凄いわけでも天才なわけでもない。 私の上司の真似を徹底的にしただけなのだ。 私の上司はグループ会社の専務である。 20年間どの会社を渡り歩いても、NO1になり続…

仕事がデキる人のシンプルな特徴とは?

仕事がデキる人と出来ない人の差は一体何のか。 同じ人間なのにも関わらず、30歳になると目も当てられないほど差がついてしまう。 「なぜこんなに差がついたのだろう…」 悩んでも後の祭りである。 同窓会に出席する度に自己嫌悪に陥り、次第に同窓会に出席し…

自然な笑顔で売上が30%UP!その笑顔の作り方とは?

笑顔の大切さを知っている人は多い。 だが『笑顔の作り方を知っている人は極めて少ない』ことに気付いた。 「目が笑っていない」 「面白くない話に笑えない」 こんな声が多い。 もちろん笑顔の大切さは知っている。 だが笑顔を上手につくることが出来ず、苦…

革靴を買うなら『日本国産のリーガル』である

私はリーガルを愛用している。 新人の時代から8年間リーガルを履き続けている。 特に新人営業マンに贈りたいメッセージがある。 『スーツ専門店で出している靴は買うな』 スーツ専門店の靴が最低だ、という話をしているわけではない。 【同じ値段なら110年…

時計をつけるなら「圧倒的にロレックス」である

ロレックスは資産になりえる唯一の時計である。 営業マンや経営者の方々がこぞってロレックスをするには理由がある。 「買った時の値より高く売れる可能性が高い時計」だからだ。 ロレックスと聞くとアレルギー反応を示す人がいる。 「ロレックスをはめてい…

23憶円を生み出した魔法のボールペンとは?

高級ボールペンを持たずして、営業などするべきではない。 あなたがレクサスを購入する際に、100円の4色ボールペンを差し出されたら、いかがだろうか。 あなたが高級住宅を検討する場合に、無料で配られている安いボールペンを差し出されたら、いかがだろう…

ビジネスマンなら必ず知っておきたい「戦術」「戦略」の違い

戦術と戦略の違いを即答できるだろうか。 戦術とは「目標達成する為の手段」を指す。 戦略とは「目標達成のストーリ」を指す。 あなたがビジネスマンであれば即答出来て欲しい部分である。 では目的とは一体なんだろうか。 即答できるだろうか。 目的と戦略…

古い古い!夏は半袖ワイシャツで営業しよう!

日本のビジネスマンは真面目過ぎる。 35℃を超える真夏でもジャケットにネクタイ。 もはや苦行としか言えない。 もし半袖ワイシャツで営業ができないのだとしたら、古い考えだと思う。 汗だくの中、商談する方が顧客にとってはストレスなのでは?と思ってし…

ビジネスマン必見!一流はスーツの着こなし術を知っている

人の第一印象は何で決まるだろうか。 男性なら、スーツの着こなしで「デキるビジネスパーソンか否か」が分かってしまう。 スーツの丈が短いと学生のように感じる。 スーツの丈が長いとオジサンのように感じる。 つまり丈だけでも話題が沢山あるのだ。 あなた…

足元は第一印象を決めるカギ!デキる人間は足元の手入れを怠らない

ヨレヨレの靴で営業している人間を見ると「残念だな」と思ってしまう。 汚れを付着した革靴を履いている人間を見ると「気が利かなさそうだあ」と思ってしまう。 つまり「足元は第一印象を決定してしまうほど重要」だと確信している。 特に靴に関して、女性は…

なぜデキる人間とデキない人間が存在するのか?

仕事がデキる人間は、どの業種でも同じ行動を取る。 その行動の源にあるのは「仕事の心構え」である。 心構えが普段の行動を作り、習慣を作り上げる。 私は営業職でトップ1%の層に入っているのも、この心構えが身についているからだ。 ぜひあなたにも最も…

リストラにならない為の生き方

どの業界も45歳を基準にリストラが多発している。 令和元年で何万人というリストラが執行された。 社会の風潮は「使えない人間はいらない」ということだ。 若い世代が給与に見合わないくらい高利益を出して、低所得。 オジサン世代は、給与に見合わないく…

【必見!】1流リーダーと3流リーダーの違いとは?

一流リーダーは、部下を受容し、部下と共に成長していく。 三流リーダーは、部下を否定し、部下を潰して降格していく。 この原理原則は、30年前から変わらない。 特に最近は”部下を認めないリーダー”は、即淘汰される人生が待っている。 なぜなら「SNSの発…

今輝けないのは「自身の才能を見つけていない」だけ

才能がない人間はこの世にいない。 誰しも才能を与えられて、生まれてくる。 それなのに「なぜこの世には、輝く人と輝かない人」がいるのだろうか。 その問題はとてもシンプル。 ”自分の才能に目を向けているか否か”の差だったのだ。 ぜひあなたの眠れる才能…

60ヵ月連続NO1で居続けられる理由は、コトバ遊びだった。

「君、いくつ?」 「え?20歳です」 「いっちばん人生楽しい時期だね」 冴えないサラリーマンに言われた。心の中で「これが人生のピークかよ?」と思った。 『40歳、50歳になっても〝今が〟人生のピークだよ!』 こう言える大人になりたい。間違っても未来を…

600,000インプレッションを超えた。twitterを本格的に初めて1ヵ月。

アメブロとはてなブログとnoteブログを休憩していた期間のひと月ちょっとで、twitterのインプレッションが600,000まで増えた。 フォロワーも500人前後から2,500人を突破して、1ツイート37,000インプレッションを獲得するまでになった。 よく…

収益化せずに売上を作ったブログの書き方とは。

文章を書く目的とは。誰を相手に文章を書くべきなのか。 そして、収益化する為の文章を書くにはどうすれば良いか。 突然ですが、ここに最後のメッセージとして残しておきます。 https://note.mu/hideyoshi0404/n/n0c280010f901 はてなブログの連続更新は最後…

3つのブログを辞めてnoteブログ一本に絞る理由とは。

アメブロ、はてなブログ、noteブログを書き続けてきましたが、noteブログ一本にすることにしました。 個人的な感想ですが、アメブロは自己肯定感を満たすには最適ですが、収益化の面ではやはり厳しいと感じました。 また、はてなブログは僕のコンテンツでは…

時間管理が不得意なあなたへ。あなたが思うほど、時間は残されていない。

時間管理とは、約束を死守すること。 時間管理は、人生において最も重要なことの1つである。 人生は思ったより長いようで、短い。 あと、どれくらい親と過ごせる時間があるのだろうか。 親のいる故郷から離れて生活している場合は、「あと親に何回会えるだろ…

空気の読み方とは、相手が思っていることを優先すること

空気が読めない人は、常に自分スタンダードだ。 空気が読めない人の多くは、常に自分事としてモノゴトを捉える癖がある。 プライベートだと、「何食べたいですか?」「なんでも良いです」「ラーメンどうですか?」「ラーメンは昨日食べたので、ちょっと、、…

リーダーに必要な資質とは、相手の悪いところも受容することだ

リーダーは、感情的になってはいけない。相手の悪いところを受けとめよう。 多くのリーダーが出来ていないことがある。 それは、部下の成長を長い目で見てあげれないことだ。 「今」の実力を測っても、物足りないのは当たり前である。 もし、言うことなし!…

空気の読み方とは、相手が思っていることを優先すること

空気が読めない人は、常に自分スタンダードだ。 空気が読めない人の多くは、常に自分事としてモノゴトを捉える癖がある。 プライベートだと、「何食べたいですか?」「なんでも良いです」「ラーメンどうですか?」「ラーメンは昨日食べたので、ちょっと、、…

出世しない人は、揚げ足取り名人だ

出世しない人の特徴に、他人の粗を指摘する癖がある。 揚げ足を取った張本人は、その瞬間は気持ちよいと思うが、回りまわって100倍で跳ね返ってくる。 揚げ足を取られた人は、そのことを一生忘れない。 忘れているのは、張本人ただ一人である。 気付かぬ…

失敗に、ビビッていては成長など出来ない

失敗から逃げても、必ず失敗する。それならば、勇気を持って一歩踏み出そう。 手っ取り早く、成長するには「とにかく失敗する」しかない。 第一線で働いているプロも、そこからプロがスタートし始めたのである。 そもそも痛い思いをしなければ、学ぶことなど…

「この人は何度言ったら分かるんだ!」と、思うあなたへ

断言するが、数回注意したくらいで、人など変わらないのである。 「何回、言ったら分かるんだろう」と、よく耳にするが、何回言っても分からないのが、人である。 あなたは、一回言われただけで、全身にイナズマが走るくらいの衝撃を覚え、学習していくかも…